LINK
日本人は残業を美徳と捉える風潮があります。海外ではむしろ残業をするのは無能な証とされているのに比べると、そのギャップは明らかです。 優良な企業なら、残業代はきちんと支給されるはずです。でも中には残業代をきちんと支払ってくれない企業もあります。社員として正当な権利を主張するなら、未払いの残業代はしっかり求めないといけません。とはいえ、相手が雇用先となると、今後もことも考えるとなかなか残業代の請求もできなくなってしまいます。 それ以前に、日本人はサービス残業を受け入れてしまっている傾向があると思います。もともと奉仕精神の強い日本人だから仕方ないのかもしれませんが、無償で企業に貢献することを美徳として受け止めてしまっているのです。 最近は社会的にもサービス残業に対してしっかりとした対応を取るような動きが大きくなっています。できれば、社会の動きと同時に、社会人一人一人の残業に対する考え方を改めることができると良いのかもしれません。