LINK
カードを店舗において使う際、誰でも思ったことがおありかと考えますが、スタッフがわからないことでどちらの紙を利用者のもとへ提示するのかわかっていないことがあるのではないでしょうか。というのは、クレジットカードを機械に通すと、マシンより複数枚の明細が発行されるからでありこの明細の中のどれをお客様へ渡すべきなのか迷うというケースがあるのです。組綴りの利用レシートの説明、これらの組綴りの紙の正体とはどういうものかを要約すると下記の通りです。カード利用者に渡さなければいけない使用レシート。お店の控え使用レシート。クレジットカード会社保管用利用レシート(署名するレシート)。本来であれば利用者の方へ渡す明細レシートの方を渡されるのだが時々、別の明細レシートをお客様側へ間違えて渡す場合や記名された方の使用レシートを渡してしまったいうケースさえも見られます。このようなパターンはアルバイト店員などやさほどクレカというものが利用されることの少ない店舗などの会計にてクレジットを提示すると、そのような担当者の焦りが拝見することが出来るようです(笑)。もし上記のように明細レシートを提示してきた暁には親切に「これは違いますよ」と正して上げて欲しい。