LINK
40代以上になると増えてくるのが関節痛による痛みです。 50代、60代になるとさらに痛みがひどくなったり、痛む場所が増えるのでできるだけ早いうちからの対策が必要になってきます。 まず、関節痛の原因となる関節症を防ぐためには、関節に負担をかけない生活をすることが何よりも大切になります。 なので、負担になると考えられている肥満体型や、運動不足、または負担の大きすぎる運動などは避けなければいけません。 また、日頃からストレッチ運動などをして、関節や筋肉をよりよい状態にしていくことが大切です。 といっても体が固い方が無理に一気にストレッチすると傷めることになりかねないので、少しずつ柔らかくしていくようにしましょう。 特にいいのは、温かい場所でのストレッチです。 温かいほど筋肉が柔軟になりますから、筋肉を痛めにくいのです。 また、女性ホルモンの減少が原因による関節痛もありますから、女性ホルモンを補うような食品を多く食べることも大切です。