LINK

ペットとして犬はとても愛されていますが、その感情はとても深いと感じます。

犬は自分の気持ちに素直に生きていますが、同時に飼い主の気持ちを理解しようとしたり、守ったりしようとしています。

犬は人間のような感情を示すことがあります。

もちろんそうでない犬もいて、全般に犬の種類によって感情の豊かなものと比較的そうではないものがいるように思います。

飼い主によくなつく犬は大抵感情を示すことが多く、その分飼い主の愛情を必要とします。

犬によってはどれだけエサを上げて必要なものを備えても、そこに飼い主がいないならば、つまり一人ぼっちにされてしまうならば死んでしまうような犬もいます。

それだけ愛情を必要としているのです。

犬に愛を示せば示すほど犬はそれに答えてくれるものです。

そして多くの場合、犬は感情が安定しており、人間のように落ち込んだりするということが少ないのでいつでも同じテンションでいます。

犬はかわいいし、自分の子供のようになるのです。