LINK

自動車重量税、通称重量税というものは国産自動車や外車等自動車の生産国や四輪駆動車、セダンなど自動車の形も全て同じで例えば、ホンダやオペル、等でも同様に負担が必須なものなんです。ピーシーマックス

新車を登録する時、あるいは定期的にある車検を受けるさいに支払うものになります。糖ダウン

その額はそれぞれの自動車の車重毎に決められています。海外セレブがスタイル維持に利用しているのは痩身ダイエットエステではないと判明・・・

「自動車重量税」と「自動車税」は全然違う税のため基礎を理解して混同しないようにしてください。エクラシャルム 楽天

「自動車重量税とは自動車の重量によって」「自動車税とは車のリッター数によって」税額が異なります。かに本舗 評判

そして、買取する時の扱いも変わりますし、注意しましょう。プランテル M字ハゲ以外

中古車の買い取りの時には支払い済みの税額がいくらあってもその金額が戻ってくることはないのですが、一方、自動車税でしたら、既に支払った税金を査定額に上乗せしてくれるということがなくはないですが、重量税については上乗せされるということはあまりありません。天使のララ 通販

重量税については車を売るときに支払った税額があると言っても中古車の業者の方でそれが忖度されるケースはまずないです。アフィリエイト 方法

なのでその次の支払い、分かりやすく言えば次の車検まで売らずに待ってから手放すということが一番良いでしょう。

自動車の売却の際は還付の対象にならないのが重量税ですが一定の条件の事例でしたら還付される可能性があります。

このケースは、次の車検までの期間が残っているクルマを廃車にする場合です。

というのは廃車申請をした際に残存期間に従って重量税が戻ってきます。

ですが、車売却の時はそのクルマが廃車されるのとは異なり返ってきません。

また、自動車の名義を変更してしまった際や、盗難被害に遭った際も還付を受けることはできません。

自動車重量税が残っている期間がある愛車を売るということは、つまり車検がまだあるクルマということになります。

それを買取側も計算に入れますから、自動車重量税の期間が残っていれば、それなりに買取金額は増えるでしょう。

勿論査定額は業者により異なりますが車検が残っていることを考慮していただければ、売却する車の買取金額からみたらそこまで割に合わないということもありません。