LINK

民事再生という選択は住宅のためのローンを含めた複数の債務に悩む人々をターゲットにマンションを維持したまま金銭管理の面で立ち直るために法的機関による手段としてはじまった法律です。

破産手続きとは違って免責不許可となる要素がないので、ギャンブルなどで借りたのであっても申請は取れますし、破産申告をすると業務の停止になる資格で給与を得ている場合などでも民事再生手続きは検討可能です。

破産手続きではマンションを手元に残すことは不可能ですし任意整理と特定調停では、やはり元金は払っていく必要がありますのでマンション等のローンも払いつつ支払い続けるのは実際のところ簡単なことではないでしょう。

とはいえ、民事再生を取れれば住宅ローンなどを別とした借り入れについては場合において減額することが可能なため住宅のためのローンを支払いつつそのほかの借入金を支払っていくようなことができるといえます。

ただし、民事再生という手段は任意整理による手続きや特定調停等と異なって一部の借金を除外扱いして手続きをすることは不可能ですし、破産手続きの際のように借金そのものがなくなるわけではありません。

それに、別の解決手順と比較して処理が簡単ではなく手間もかかりますので住宅のローンがあって住居を手放せない時など以外の、破産申告などのその他の方法がとれない時の最終的な手段とみなした方がいいでしょう。